配管の水漏れには応急処置が大事

水漏れの発生箇所の候補はいくつかあって、どこで起きているかによってとるべき対処方法は異なります。中には配管で水漏れが発生しているケースもあります。この場合、本格的な修理は業者に任せた方が安心です。ただし応急処置は自力でも行えます。もし応急処理を行っていないと、被害がどんどん広がってしまって厄介な事態にもなりかねません。配管の種類によって、どのような処置を施すべきか変わってきます。

■排水管の場合

排水管の特徴として、水を使用したときだけ内部に使用後の水が流れます。つまりその時だけ水漏れが発生するということです。逆に言ってしまうと、水道さえ使用しなければ水漏れの症状は起こりません。被害が拡大する心配もないので、業者へ速やかに連絡をしたら、スタッフが来るまで一切水道を使用しないことが大切です。特にトイレやキッチンで問題が発生している場合には使用は厳禁と考えましょう。なぜなら水だけでなく、油分や汚水も出てくることで悪臭を伴うなど二次被害の発生する恐れがあるからです。

■給水管の場合

給水管、いわゆる水道管で漏れが発生している場合、水が常に流れています。蛇口を閉めただけでは、水漏れの症状を抑制できないのが排水管とは異なるところです。しかも高圧で水を送り出す仕組みになっているため、破損すると大量に漏れ出てしまうこともあります。この場合、業者が来るまでの間も応急処置を施す必要が高まります。どこで水漏れが発生しているか一目で分かり、手の届くような場所ならタオルなどを巻き付けておきましょう。配管に手が届かないようであれば、その真下の床の部分にバケツをセッティングします。これは雨漏り対策と同じです。しかし中にはタオルなどを巻き付けても水漏れを止められない場合もあり、水が噴き出しているような状態であれば、止水栓を止めてしまいましょう。そうすれば、家屋の水の流れをせき止められます。

■まとめ
配管の水漏れをそのまま放置していると、床材が濡れてしまって腐食が進むなど、住宅の強度がダウンしてしまうこともあり得ます。またマンションなどの集合住宅の場合、階下の住民に迷惑をかけることも考えられます。水漏れを発見したら、水道業者へすぐに連絡することが先決です。さらにタオルを管に巻くなど応急処置をして、被害が拡がることをできる限り食い止めておくように心がけましょう。何をやってもダメな場合、止水栓を止めれば自宅への水の流入をストップできます。このことは知っておいて損ではありません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ