床下で水漏れが起きる2つの原因

長年同じ住宅で暮らしていると、水漏れの発生リスクがどうしても高まります。中でも注意しなければならないのは、床下で水漏れが発生しているケースです。この症状を放置していると、床材が深刻なダメージを受けてしまい、大掛かりなリフォームが必要になることもあり得ます。床下で水漏れが発生するのは、大きく分けて2つの要因が考えられます。まずはどちらの原因によるものかを特定して、それに見合った修理を進めるようにしましょう。

■排水管が原因箇所の場合

排水管で何らかの問題が起きると、水漏れが発生します。もし長年使用して交換などのメンテナンスを行っていない場合、劣化している可能性が高いです。破損が起きている、もしくは接合部のところでがたつきが起きてそこから水が染み出していることも考えられます。さらに内部が腐食している可能性もあります。キッチンなどの排水管トラブルで多いのが、詰まりです。食べ物のごみや食用油をそのまま流していると、汚れが管にこびりつきやすくなります。そして水の通り道がどんどん狭くなって、最終的に詰まってしまいます。完全に封鎖されてしまうと逆流が発生して、それが水漏れを引き起こします。

■蛇口が原因箇所の場合

蛇口で発生した問題が、まわりまわって床下の水漏れにつながることも多いです。この場合、まず疑ったほうがいいのはパッキンの劣化です。パッキンはもともとゴム製の部品なので、長期間使用し続けるとひび割れたり、硬くなったりして水を完全にせき止められなくなります。その他には経年劣化の可能性があります。蛇口にはナットやスピンドルといった金属製の部品が使用されています。こちらはパッキンよりは長持ちします。ただしそれでも使い続けるうち徐々に劣化してしまいます。結果的に緩みが生じたり、隙間ができたりするために水漏れを引き起こします。

■まとめ
ある時水回りで作業しようと思ったところ、床が濡れていた場合、蛇口もしくは排水管などのどこかで問題が起きてしまっている可能性が高いです。床下が濡れていたら、まずはこの2か所の点検をしましょう。ただし必ずしも、蛇口もしくは排水管の部分で問題が起きていると保証することはできません。他の箇所が原因であるということもレアケースながらあり得ることです。もしいろいろと調べてみたけれども、問題個所が特定できない場合には修理業者を呼ぶことが大切です。そして適切な修繕をお願いするのがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ