蛇口をしっかり閉めてもポタポタ水漏れする原因は

水道を使用した後蛇口を閉めれば、通常であれば水が止まります。ところがきちんと閉めたはずなのに、ポタポタと水が垂れてくることもあるでしょう。このような症状がしばらく続くようであれば、蛇口の内部の部品が不良で水漏れが発生していると推測されます。この使っていないポタポタ垂れる水も使用したことになって、水道料金を請求されてしまいます。少しでも節約したければ、速やかな修理をすることが求められます。

■部品の劣化の原因がほとんど

蛇口の水漏れの原因を調査してみると、大半はスピンドルと言われるところの破損もしくは劣化に起因しています。部品は長い期間同じものを使用すると、どうしても劣化が進みます。また、内部がさびつくことによって、きちんと閉めても水の通り道を完全にふさぐことができずにポタポタ水が漏れ出てしまいます。劣化している場合は新品に交換することで、症状を解決できる可能性が高くなります。近年多いレバータイプの場合、内部にあるカートリッジもしくはパッキンの劣化によるケースが多いです。こちらも該当箇所を交換すれば、問題なく使用できるようになるでしょう。

■自分で修理することは可能

蛇口の水漏れの場合、多少DIYの知識や経験があれば自分で対処をすることも可能です。スパナもしくはドライバーなどを使って、ハンドル部分を取り外しましょう。ふたのあるタイプもありますが、その場合はマイナスドライバーを使ってふたを外してから作業に取り掛かりましょう。スピンドルはナットで固定されているので、こちらを外すのが優先です。レバータイプの場合、バルブカートリッジを新しいものに交換する必要があります。こちらもハンドルを取り外さないことには修理を進められません。このタイプの場合、ねじの小さなものが多いため、力の加減を間違えるとねじをつぶしてしまうこともあるので丁寧に作業をするようにしましょう。

■まとめ
水道の中の部品は長い間使い続けていると、どうしても劣化が進みやすいです。そうなると水道の流れを止められずに水漏れが起こりやすくなります。内部の劣化の場合、ホームセンターなどに販売されている部品と交換をすれば問題を解決できる可能性も高いです。工具などが自宅にあれば、自分で交換することも可能です。ただし別の場所で何らかの問題が発生しているケースも考えられます。いろいろとやってみたけれども症状が一向に改善しなければ、専門業者を呼んで診断並びに修理を依頼するのも一考に価します。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ